GUITAR&BASS メンテナンス

Bacchus【ジャズベース】ボディの傷をヤスリ掛けで目立たなくしてみた

Bacchus BEGINNING OF THE NEW TRADITION

初期のBacchus

BEGINNING OF THE NEW TRADITIONのジャズベース

ヘッドが“BEGINING OF THE NEW TRADITION”で

プレートは“BEGINNING”なので

90-00年代ディバイザー製だと。

結構評判の良いモデルです。

某フリマアプリで購入したのですが

  1. ブリッジがザビザビ・・・
  2. ネジ穴が開いてる・・・
  3. ボディにヤスリ傷、超多数・・・
  4. レリック加工途中でヤメタ感・・・
  5. ナットがダメ・・・
  6. ストラップピン交換してる、ずれてる・・・

ザッと見ただけで、この有様。

とりあえず出来ること全部やって見ます。

ナット・ブリッジの交換

①と⑥は交換しかないよな・・・

この型ってブリッジは

GOTOHの201Bとか付いてたはずなんだが

交換したせいで変なネジ穴開いてんだな・・

GOTOHに戻そう。

↓その時の記録です。読んでみて下さい

【レビュー】bacchus(バッカス)BJB-98 スペック・音出し確認!Bacchus(バッカス)BJB-98 言わずと知れた【GLAY】のJIROモデル 発売当初の定価は¥98,000 ...
【フェンダー】ジャズベース/JB62-75US ペグ・ブリッジをGOTOH製に交換メルカリでジャンクとして購入 FENDER JAPANの JB62-75USをメルカリでジャンクとして購入 htt...

ここで散々やったから簡単でした。

ナットの状態が最悪・・・

1、2弦のローポジション、ビビる。

溝ガッバガバ・・・

Bacchusのナットは38㎜だったはず。

簡単に出来た!Bacchus【ジャズベース】ブリッジのサドル交換・ペグを交換・ナット交換方法ペグ・ブリッジの交換 https://ikumen-hiro.com/2020/06/17/jazzbass_...

ナットの交換も慣れてきたwww

ネックや指板も汚いので

タートルワックスで出来る限りやっといた

 

↓その時の記録です。読んでみて下さい

ジャズベース【メイプルネック】黒ずみをタートルワックスを使っての落とし方 メンテナンスギター・ベースのメイプルネックの悩み ギターにしてもベースにしても メイプルネックで気になるのが 黒ずみ(汚れ)。 ...

ボディのヤスリ傷

これが今回のメインディッシュです。

正直コレはキツイ・・・

レリック加工を自分で始めたはいいが

途中でヤメちゃったのね。

ヤスリ傷が縦に多数入ってます。

こりゃ全部バラシてヤスリ掛け やり直すか・・・

ヘッド・ネック・指板

ヘッド・ネック・指板は

いつも通り【タートルワックス】でキレイに。

ボディ

ツヤツヤの傷キズで萎える・・・

①ネックを含めパーツを出来る限り外す。

ピックアップは、そのまま。

②耐水ペーパーで丁寧に磨く。

1000番→2000番→3000番の順でやりました。

↑ココまでが限界(汗)

コンパウンド&バフ磨きやれば

キレイになるだろうけど【艶消し】にしたかったので

ココでやめます。

まとめ~個人的総評~

↑手元に届いたとき

↑修復後

深い傷はヤスリ掛けで消せませんでした。

でも個人的には難ありで安く買った物が

ここまでキレイになるとも思ってませんでしたし

ちょっとしたパーツを交換するだけで

音も全然変わります。

 

まだ、やりたい事は残っていますが

【傷消し】という部分では満足いく結果でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。