GUITAR&BASS メンテナンス

レビューと改造【スクワイヤー】テレキャスター 日本製【STL-33】

Squierのテレキャスターを購入

スクワイヤー 日本製

テレキャスターを購入しました。

 

Silver Seriesシリーズ 【STL-33】

JVシリアルとか~93年ぐらいだと

ボディ材を含め良いパーツが付いていたので

良かったんですけど・・

【STL-33】スペック
  • 生産国:日本(フジゲン製)
  • ボディ材:ウッドファイバー(P.A.F)
  • ネック:メイプル
  • ブリッジ:トップローディング

スクワイヤーは賛否両論ありますが

日本製でフジゲンが作っていた時期の物なので

細かいことは気にせず

はりきってメンテしていきます。

現状と交換パーツ

製造された年が

シリアルで見た限り

1993~1994年なので

材質・パーツも、コストダウンされた後。

出来るパーツは全交換していきます。

現状:生音の鳴り

テレキャスらしい音は出ています。

 

ペグ

なんだろう・・安価感が半端ない・・

ガッカリペグなので

GOTOHに交換します。

 

このテレキャスのペグは

クルーソン(8㎜径)なので

GOTOHのロトマチック(10㎜)は

合わないので

ステップドリルで穴を広げます。

ステップドリルで

表から裏からと、少しずつやれば

キレイに広がります。

無事取り付け出来ました。

元のネジ穴は後日埋めます。

ブリッジ

トップローディングかぁ・・

使ったことないなぁ

ってか、この6WAY・・ダサくね?

正直安っぽく見えすぎ・・

 

かと言って裏通し加工する勇気もないし

プレート加工して

BS-TC1と交換しておきました。

プレートの加工は

下の方に追記しておきます。

ピックアップ

 

ここは問答無用で交換

リア:Seymour Duncan 【STL-1】

フロント:Seymour Duncan 【SSL-1】

 

フロントの【SSL-1】は

ストラト用なので

ピックガードを少し加工しました。

回路

配線材がチープなので

交換してコンデンサーも変えました。

 

ここでBacchusにつけた

パーツ全流用します。

【バッカス テレキャスター改造】BTC-1R オススメのパーツ交換 ~シリーズ配線~BUCCHUS(バッカス)のテレキャスター 入門用(初心者用)として よく目にするギターです。 俗に言う入門用のギ...

ブリッジの加工

このブリッジが

どうも好きになれない。

ヴィンテージのFENDERだと

両方対応しているカッコイイのあるんだけど

高くて買えないので

自分で加工してみます。

 

GOTOHのBS-TC1が

あったのでコレに弦を通す穴を

開けてみます。

 

失敗したら、どうしよう・・

このBS-TC1も良い値段で買ったんだよな・・・

 

穴をあける位置は

安価な両タイプと合わせて

サインペンで記しを付けて

金属用ドリル(2㎜)で

思い切って開けちゃいます。

おぉ!?

思ったよりキレイにあいた。

あとは

ブリッジのタイプが違うから

サドルの頂点とか

ちゃんと合わせておかなきゃいけない。らしい。

 

元のブリッジが付いている状態で

サドルの頂点がわかるように

マスキングテープを貼って

しるしを付けておきます。

 

結構ザグリが必要でしたけど

ステップドリルで

少しずつ広げて調整しました

あとは

交換したブリッジの頂点と

合うようにセットして固定すればOK。

 

まとめ~個人的総評~

現行の海外製のスクワイヤーも

個体差はあれど評価が高いものもありますし

ちゃんと【FENDER】ですから

個人的にはアリだと思っています。

 

この【STL-33】は

なかなかの珍品かなと思うとこも多く

ザグリにしても

ボディ材にしても

現行には無いので楽しいかなと。

 

ただ【なんとなく】日本製が良いと

安易な気持ちで手にした楽器でしたが

JVシリアルじゃないので

価格も手頃ですし

ちゃんと仕上げれば

良い音がする【FENDER】になりました。

 

今回は、ちゃんと弾けるようになるまでなので

①ザグリの穴がピックガードで

隠しきれない

②ペグのネジ穴を追加したので

元の穴が塞がっていない。

この二つの課題が残っているので

今度ゆっくりやりたいと思います

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です