衣服の手入れ

シープスキン(ムートンブーツ)丸洗いとメンテナンス

シープスキンブーツ

f:id:spikepp:20180103103001j:plain

冬になると活躍してくれるのが

このシープスキンブーツ。

ただ中がムートンなだけあって

汚れてくると目立ってくる。

 

基本シープスキンブーツは

業者にお願いするのが無難なようですが

自分で出来るとこまで

やった記録を残しておきます。

シープスキンを洗うにあたって

シープスキンブーツの洗濯は、

失敗すると色ムラ・型崩れの恐れがあります。

大事な物・高価なものは

専門業者にお願いする方法もありますので

検討されるのも良いかと思います。

 

この記事は

仕上がりを保証するものではなく

個人的な記録ですので

参考程度に楽しんで頂ければと思います。

ブーツの状態を確認

f:id:spikepp:20180102191549j:plain

汚れやシミ、スレなどの

汚れ・傷んでいる部分を作業前に確認

 

このブーツは

f:id:spikepp:20180102191616j:plain f:id:spikepp:20180102191602j:plain
  1. 外は汚れやシミ
  2. 中はムートンの潰れ&汚れ
  3. ソール(かかと)減り

洗剤を作る

ブーツがスッポリ入る容器が必要なので

今回は洗濯機を使いました。

洗濯機に水をはって

おしゃれ着用洗剤を

説明書き通りに入れます

普段の手入れの場合は

洗剤をシャンプーで代用

柔軟剤をリンスで代用したりしています。

全体的に漬け洗い

f:id:spikepp:20180103102855j:plain

洗剤の入った洗濯機に落とし込んで

全体的に浸透させていきます。

 

ブラシで一定方向に丁寧に優しく

ブラッシングして洗っていきます。

f:id:spikepp:20180103102912j:plain

シミなど汚れが目立つ箇所は丁寧に

汚れが落ちないからとゴシゴシ洗ったり

何度も擦っていると色落ちや逆に痛めてしまうので

深追いしないように。

洗濯で言うトコのすすぎ

洗濯機の水を抜いて

きれいな水と入れ替えます。

f:id:spikepp:20180103102927j:plain

 

泡が出なくなるまで丁寧にすすいでいきます。

柔軟剤

f:id:spikepp:20180103102939j:plain

泡が出なくなったら

薄めの柔軟剤に浸すようにします。

脱水作業

脱水は大きいタオルで拭いていきます

捨ててもいいような不要なタオルでやります。

 

中で潰れていたムートンを

このスリッカーブラシで整えます。

 

使い方は この記事にも書いてありますので

よかったら見て下さい

【5分でわかる】ボアジャケット 黒ずみや潰れから復活させる方法 ボアジャケット復活方法 1. 状態の確認 2. 用意するもの...

乾燥

f:id:spikepp:20180103103001j:plain

しっかりと水分を取ったら

型崩れしないように

新聞紙・ウエスなどを入れて形を整えて

風通しの良い日陰に干して完成。

 

最後に防水スプレーを掛けて

防汚コーティング(シミ予防)しておきます。

すり減ったソール

かかとがスリ減って不格好なので

直しておきます。

 

靴修理業者さんで2000円ぐらいで

かかとだけ貼り替えてくれる所もあります。

 

今回は安いブーツなので

自分でシューグーを利用して直してしまいます。

まとめ~個人的総評~

4~5,000円で買えるものなら

買い替えたほうが良い。

 

シープスキンは高価なものになると

業者に依頼して洗ってもらう。

 

しかし自分で履きつぶしてしまうなら

普段の手入れからメンテナンスまで自分でやった方が

安く・長く・キレイに履けるかと思います。

0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です