パパの雑学

【ジャンク】Gibson レスポール 復活記録簿~ネック折れ ボンドで修復編~

GIBSON Les Paul Studio

某フリマアプリで購入

ジャンクとして購入したのですが

現状:不具合

① ネック:ヘッド折れ

② 各パーツ外れ

③ 経年劣化(汚れ)

①が致命的な為、格安で手に入りました。

 

本当は一つの記事で

全部書こうと思ったのですが

長くなりそうなので

分けて書いていきます。

Ⅰ.折れたネックの修理

これは結構見掛ける症状の為、

修理方法もネットに飽和してますので

同じようにやっていきます。

用意するもの

① クランプ

② タイトボンド

③ 紙やすり

④ 木工パテ

① タイトボンドで接着

ボンドを付けない状態で

合わせてみて

クラップ(あて木等)で

挟んでみます。

 

このまま、いけそうなので

タイトボンドを万遍なく塗ります。

絵具用の筆で

奥まで、しっかり塗っていきます。

奥まで接着剤が入り込まないと

接着不良を起こすようなので

しっかり塗ります。

水で薄めてスポイトや注射器を

使う方法もあります。

クランプで挟んでいくと

ボンドが溢れてきますので

乾く前にふき取ります。

溢れてきたボンドを取り除いておかないと

あて木とヘッドが

離れなくなってしまいます!

この状態で

念の為、丸三日放置して乾燥

結構しっかり接着されていて

ビクともしません。

拭き取りきれなった接着剤を

ココで取っておきます。

指で触ってみて

段差を感じない程度まで

#1000~2000程度で

ヤスリ掛けします。

塗装は取れますが

キレイになりました。

 

ちゃんと接着はしてますが

破片が少し無くなってしまっていて

凹んでいたので木工パテで埋めちゃいます。

裂け目に木工パテを

塗り込んで乾燥させます。

 

乾燥したら再度ヤスリ掛け

今度は仕上げなので

目が細かいのでやります。

見た目は修復感がありますが

触った感じはツルツルです。

Ⅱ.パーツの組み立て

今回は【音が出るまで】を書くのが

目的なので補強~塗装は次回に。

ピックアップがプランプラン・・

エスカッションが破損。

両方とも使えないので買いました。

 

ピックアップの動作確認

弦を張ってない場合は

シールドとアンプに繋いで

携帯の音楽でもピックアップに近づけながら

スイッチ切り替えて

アンプから音が出れば

とりあえずOK。

細かい調整は最後にしました。

ヘッドの折れた跡(シワ)

布を敷いてアイロンを

伸ばすようにあてて修正

仕上げに耐水ペーパーで。

温度が高すぎたり

当てる時間が長いと

布の跡が付くので【中】ぐらいで

少しずつにしました。

最後にペグを取付けて

弦を張ったら完成。

動作確認です。

仕上がり確認

ヘッド折れボンド接着・木工パテ・研磨

エスカッション購入→交換

全体研磨・クリーニング

まとめ~個人的総評~

ネットで見た限り

ギターの「ネック折れ」というのは

よくある光景なようで

直し方なんかも

丁寧に書いてあったり

Youtubeでも見掛けました。

 

完全に分離してしまったり

ひどい状況の際は

専門業者さんにお願いするしか

ないと思いますが

 

私と同じような状態であれば

補強しなくても自分で直しても

直せる範囲だと感じました。

※使用頻度や状況によっては

補強入れた方が良さそうです・・・

実際に掛かった時間を

書いておきますので参考までに。

1.タイトボンドで接着

作業:1時間程度

乾燥:2日

ヘッドのアイロン:10分

組上げ:2時間程度

まぁほとんど乾燥待ちでしたけど。

 

普段 家弾きで

ギタースタンドがあるなら

接着だけでも大丈夫かな?

という気はしました。

【ジャンク】GIBSON レスポール 復活記録簿 オイルフィニッシュ~ワトコオイル編~ ジャンクとして購入した GIBSON Les Paul Studioを 素人が自分の手で どこまで出来るかやっ...

補強準備(余談)

今回は補強無しで

ココまでやりましたが

しばらく様子を見て補強を入れようと

思っているので

準備だけしておきました。

用意したもの

①ドラムスティック

②のこぎり

③ヤスリ関係

④小刀、カッター

⑤木工パテ

①ドラムスティックの持ち手側

端を切り落として

3cmくらい切る

縦に真っ二つに割る

こうなる。

ドラムスティックって

めちゃくちゃ固い・・

 

時間がある時に

補強と塗装をやっていきます。

0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です